2022/09/01

なすとほうれんそうのカレー

栄養素の数値
エネルギー 696kcal
コレステロール 61mg
食物繊維 6.1g
食塩 2.2g
脂肪量
材料

・ごはん 適量
・牛肩ロース薄切り肉(赤身) 160g
・たまねぎ大 1/2個
・にんじん 1/4本
・パプリカ(赤・黄) 各1/4個
・ほうれんそう 小1/2束(90g)
・なす 2個
・油小さじ 3
・カレールウ(市販) 2かけ

作り方

1. 肉は4cm幅、たまねぎはくし切り、にんじんは1cm幅の半月切りにする。
2. パプリカは2cm幅の短冊切、ほうれんそうは4cmのざく切り、なすは縦1/4に切ってから4等分にする。
3. 鍋に油小さじ1を熟し、中火でたまねぎがしんなりするまで炒める。にんじんを入れて油がなじんだら、ひたひたの水(分量外)と肉を加える。
4. ふたをして弱火でやわらかくなるまで煮る。
5. フライパンに残りの油を熱し、なすを炒める。油がなじんだらふたをして1〜2分蒸し焼きにする。パプリカ、ほうれんそうを加える。
6. 4にカレールウを入れて煮込む。
7. 皿にごはんを盛り、6をかけて5をのせる。

ポイント

・カレーには多くの香辛料が使用されており、それぞれがもつ高い抗酸化作用を一度に摂取できる。とくに黄色のものと、ターメリック(ウコン)は、古くから生薬としても使われており、肝機能の改善、がん予防効果が期待できる。
・1日の野菜摂取目標量の約70%を補える野菜たっぷりメニュー。炒めた野菜を食べる直前に混ぜ合わせることでルウが水っぽくならない。
・ごはんは200gを目安に(減量中なら160g)。
・肉はうまみの出る薄切りの赤身肉がおすすめ。

掲載書籍

「免疫力を高めるとっておきメニュー」
おいしく食べて健康になる食事と食品で病気にならない体を作る!

監修:菊池真由子(管理栄養士) 書店名:同文書院
※めいてつ調剤薬局各店舗で販売中!詳しくは、各店舗にお問い合わせください。

 
 

ホームへ先頭へ前へ戻る